精力剤

早漏を改善するには

投稿日:

性交渉における男性の大きな悩みに早漏があります。早漏はまさに自分だけ気持ちよくなってしまう一人よがりのセックスとなってしまい、相手への申し訳無さが募ります。

また相手が不満を持つのもやはり避けられず、なんとか治したいものですね。 早漏はペニスの器質的な原因がある場合と、心因的な問題に依るものと二種類に分けられます。どちらなのかによって治療法も全く変わってきますので、自分の早漏の原因を知ることは重要です。

どうしてもわからないようならば、病院でカウンセリングを受けることも検討しましょう。 器質的な原因として真っ先に疑うべきは包茎です。

もし包茎で早漏だと言うならば、包茎を改善ししばらくするだけで早漏が改善する可能性もありますので、まずは包茎を治療しましょう。 包茎が早漏の原因となるのと同じように、亀頭が刺激に極度に慣れていないため起こる早漏は、亀頭オナニーなど亀頭に対するトレーニングが指導されることがあります。

亀頭は刺激になれますので、継続的に刺激を与えていくことが重要です。 また心因的な早漏は、場合によって治すのが難しいことも多い大きな問題です。

心因的な早漏では問題を意識すればするほど早漏が深刻化するおそれがあるので、治療中であることをパートナーにも知ってもらい、協力を仰いでゆっくりと解決していかなければなりません。 解決することを義務と捉えるとまず上手く行きませんので、不能よりはマシ程度に捉えて腰を据えて取り組むことが必要です。

早漏改善サプリランキング

挿入後、1分持たない 2~3回動くともう出ちゃう 女性を満足させることができない 早漏の悩みを吹き飛ばすサプリを当サイトは紹介しています。 どれも効果期待大のものだけを厳選して掲載中です。

ヴィトックスα

ヴィトックスαは、男性の悩みにアプローチした厳選成分配合のサプリメントになります。 早漏の防止は勃起と亀頭にありますが、ヴィトックスαならこれらを叶える有用成分をしっかり含みます シトルリン・アルギニン・亜鉛・ガラナ・マカパウダー・赤ガオクルアなどを中心に100種類以上の成分を含有しています。 従来の2倍以上と呼び声高い早漏サプリメントです。

価格 12,800円
評価 ★★★★★
備考 最大47800円割引

ゼファルリン

ゼファルリンは、早くイってしまう人向けの早漏対策専用サプリメントになります。 早漏防止に有用なシトルリンを中心に、トンカットアリ・アカガウクルア・黒ニンニク・冬虫夏草などの多数の精力成分を凝縮しています。 これにより、早漏を防ぎ長持ち・持続力のアップに繋がります。早漏に悩んだら特化したサプリがおすすめです。

価格 12,800円
評価 ★★★★★
備考 最大47800円割引

ヴォルスタービヨンド

バリテインは、早漏防止に働く有用成分をたっぷり凝縮したサプリメントになります。 早漏対策のカギとなる勃起力を高める成分がしっかり含まれます。 L-シトルリン・L-アルギニンを中心に、トンカットアリ・クラチャイダム・スッポン・トナカイ角など精力が豊富に含まれます。 さらに、20種類の天然成分を配合し、絶え間なくカッチカチと持続力を与えてくれます。早漏サプリ選びに迷ったらこれ!

価格 12,800円
評価 ★★★★☆
備考 最大47800円割引

早漏の原因

早漏の原因は一口には言えず、さまざまな原因があるものです。   その中でも大きく分ければ  

  • ペニス自体の問題(刺激に対する慣れの不足、勃起が不十分など)
  • 心理的な問題(極度の緊張・興奮など)

  に分けられます。早漏の原因がどちらかによって対処法も大きく異なるのですが、仮に前者が原因であっても早漏の改善・悪化には心理的要素が大きく関わってくるため、問題は複雑です。

早漏かどうかに関係なく、勃起や射精は心理的な要素が大きい現象です。   勃起自体は不随意な反応で、自分のコントロールを離れ勝手に起こることもありますが、ある程度勃起させようとして勃起させられたり、ムードがよく気分が高揚すると強く勃起するなど心理的なコントロールが効くものです。 

ですから、ペニスの器質的な問題が原因の早漏でも、それを咎められたり笑われたりして本人が強く意識するようになると、こんどは心理的な要因により早漏となってしまう・あるいは悪化してしまうということも起こりうるのです。 

ですから早漏の原因が何にせよ、早漏に対する考え方、気の持ちようは重要になってきます。勃起不全と大きく重なる部分がありますが、とにかく早漏の解決を義務と考え、治さなければ(must)と思うことは早漏の解決に絶対にプラスに働きません。 

パートナーに早漏の改善を努力している旨を打ち明け、できるだけリラックスして問題解決に臨めるよう、自分だけでなくパートナーにも協力してもらって行うべきです。

早漏といわれる挿入時間

早漏は日本の医学において、保険適用範囲内の病気・症状として指定されていません。

「早漏」という病気としての定義が無いため、具体的に何分以下で射精したら早漏という定義もありません。 従って結局早漏かどうかは相手である女性次第ということになりますが、女性から見てこれ以下なら早漏と言うおおまかな共通意識はあるようです。

繰り返しますが早漏とは厳密な定義が無いため、早漏と一口に言っても、ちょっと短い程度で軽口として笑って言える「早漏」から、明らかに異常で全く満足できないから治療して欲しいと言われるような「早漏」までさまざまです。

多くの女性が「笑えない早漏」と考えるのは1分未満で射精してしまうもので、満場一致で早漏であるとの回答が得られます。 一方で5分程度で射精してしまうのも多くの人が早漏だと感じますが、5分前後ならば「早いけれど笑って済ませられる」「その分しっかり前戯してもらえれば」と許容される範囲であると感じる人も少なからずいるようです。

つまり、1分も持たないような早漏はやはり治療が必要ですが、5分程度持つならば後はその分男性の工夫次第な面が大きいということですね。 平均と比べ早漏であろうとなかろうと、女性が満足しさえすれば不満は生まれません。

十分な挿入時間が確保できても気持ちよくなければ満足できないのと同様に、短いならば短いなりに女性を満足させられるよう、前戯などを磨くという手があるのです。

年をとると早漏になる?

歳を取ると性欲が衰え、勃起力も衰えていきます。 そのことから、ペニスの感度自体が加齢に合わせて全員衰えていくのではないかと考える人もいますが、そうではありません。

勃起力とペニスの感度自体はあまり関連性がなく、勃起不全にしても快感は得られても勃起しない、あるいは不十分となるのです。 そして、勃起が甘くなってくると問題になるのが早漏です。すなわちイメージとは真逆で、加齢とともに早漏は間違いなく増える傾向にあると言えます。

勃起のメカニズムと早漏の関係

勃起と言うのはペニス内の海綿体という組織が血液で満たされている状態です。正常な勃起状態ではしっかりと血液が集まり、内圧でペニスが内側から支えられていますが、ペニスに血液を送るための血管は細いため、食生活に問題があったり加齢によって血管が詰まったりすると途端に血流量不足になります。

そして、勃起が不完全な状態になったり、性行為は可能でも勃起が甘くなったりしてくると、内側からの支えが無くなり逆に神経を直接的に刺激されやすくなるという現象が生じます。

勃起力が落ちると早漏になりやすい

実際に早漏と勃起不全は非常に併発しやすいもので、両者とも心理的な要素の大きい問題と言うだけでなく、勃ちが甘いことによる神経過敏が発生していると考えられます。

またそれとは別に、射精を止めるための筋肉の衰えという面もあり、我慢が効かなくなって早漏になるという要素もあります。いずれも加齢によって進行するもので、歳を取ると早漏になると言うのは一般的な傾向としては間違いありません。

早漏と精神的ストレスの関係

早漏は勃起不全と並んで、精神的要素に左右される問題だと言われます。

早漏も包茎などの器質的な問題によって引き起こされていることはあるものの、精神的・感情的なコントロールを失い早漏となっているケースは非常に多く、こういった問題の常として問題解決を急ぎすぎるとまず悪化の一途をたどるという傾向もあり、改善が難しい問題となっています。

早漏と精神的な面との繋がりは、いわゆるセックス慣れしておらず興奮しすぎて早く射精してしまう、と言うものだけでなく、全く関係ない日常のストレスから早漏が引き起こされる例もあります。 この場合、精神的な問題から器質的な状態悪化が引き起こされ、それが早漏の原因となるというややこしい図式になっています。

具体的には、ストレスによって交感神経が刺激されると血管が収縮しますが、このためにペニスへの血流量が制限され、勃起がやや甘くなり、それによって早漏が引き起こされるというわけです。 血流量が不足し勃起が甘くなると、血液を含んだ海綿体による内側からの支えが弱くなり、神経が直接刺激されやすくなることで早漏が引き起こされます。

こういったストレスからくる早漏も、やはり本人があまり問題視してしまうとそれ自体がストレスとなり、悪循環に陥ることになります。決して義務と考える事なくゆったりと構え、パートナーと一緒に時間をかけてゆっくりと改善していこうという姿勢が必要です。

相手によって早漏になる?

早漏は心理的要素が大きい問題です。 初体験の時に挿入しようとしていて手こずり、挿入する前に射精してしまったなどという笑い話は一度は耳にしたことがあると思いますが、そこまで極端ではなくても、初体験では射精のコントロールが効かず極端に早く射精してしまった、あるいは逆に射精できなかったと言う人が少なからずいると思います。

早漏はその時の心理状況が大きく影響を及ぼし、相手によっても当然ながら早く射精してしまったり、あるいは逆に遅くなったりするものです。 注意が必要なのは、必ずしも相手に対して興奮し過ぎると早くなり、そそられない相手だと遅くなるという単純な話ではないということです。

この点は特に女性に勘違いされがちな問題で、早漏はともかく遅漏や射精・勃起障害の原因は自分に魅力がないことと勘違いし問題が大きくなると言うのはありがちな話です。 基本的に、感情が高まりすぎて自分のコントロールを離れると早漏にも遅漏にもなりえます。

自分の体を自分がしっかりとコントロール出来ていると言う状態が重要であり、相手に理解があり早漏の解決に協力的ならば焦らずゆっくりと前戯にも時間を取ってスローセックスを行うことで、心理的な緊張や興奮が自分でコントロールできるようになっていき、経験を重ねるに従って早漏も落ち着いていくでしょう。

一方で威圧的だったりわがままな相手では、一度早漏になると解決の糸口も掴めぬまま別れると言うことになりがちです。

早漏の人が身につけたいセックステクニック

早漏は原因にもよりますが、基本的にはすぐに解決できるものではありません。ではどうするかというと、挿入時間が短い分を埋め合わせるように早漏は早漏なりのテクニックを磨かなければなりません。早漏はどうしても挿入時間が短く、挿入中に相手を気持ちよくすることが困難なため、自ずと前戯を磨くことになるでしょう。

女性がセックスに求めるものは様々ですが、多くの人はオーガズムを感じられ、そして密着感が得られれば概ね満足という人が多いようです。 これを同時に満たそうとせず、前戯でだいたい満足してもらい挿入して抱き合う際には、射精までの時間と関係なくしっかりと密着し愛情を確かめ合うパートと役割分担をするのはいかがでしょうか。

ベストでは無いにせよ、お互いがだいたい満足できる、ベターな選択肢だと思います。女性側から見ても、短いなら短いなりに前戯でしっかり気持よくして欲しいと考える人は多いようです。 また、しっかり前戯をする時間を長く取らなくても、挿入前にイチャイチャする時間を長くしてくれれば自然に気持ちよくなれるという意見も少なからず聞かれます。

やはり女性側の意見としては、挿入時間が短い分、その埋め合わせとなるような時間を作って欲しいという点で共通しているようです。 女性が求めるように挿入前のペッティングを怠らず、相手が気持ちよくなれるようなテクニックを身につけられれば、早漏であっても相手が不満を溜めることは無さそうだと言えます。

早漏克服に良い食べ物

早漏はさまざまな原因によって発生しますが、原因によっては食事を意識することで改善が得られるものもあり、食生活を気遣うことは性機能改善にもやはり重要な事と言えます。 まず早漏の原因を特定する必要があるのですが、もし勃起力も衰えを若干感じると言うならば、早漏は勃起力不足によって引き起こされている、さらに言えば勃起不全に片足突っ込んでいる状態とも言えます。

早漏の原因は勃起力の弱さ

勃起不全と早漏を併発する人は非常に多いのですが、その理由はペニスへの血流不足によって「海綿体の充血によって起こる勃起状態」が十分に維持できていないため、内側からペニスを支える内圧が不十分であり、ペニス内部の神経が過剰に刺激されると言う早漏のメカニズムがあるとされています。

勃起力を高めるアルギニン

この場合、勃起の甘さと共に早漏を解決する必要があります。ペニスへの血流を改善する成分として、精力剤には必ずと言っていいほど含まれている「アルギニン」と言うアミノ酸があります。これは、血管拡張作用を持つ遊離アミノ酸でペニス周辺の血管も拡張し通りを良くしてくれる効果が見込めます。

アルギニンは大豆に多く含まれる

アルギニンを多く含む食べ物には豆類や玄米、鶏肉、乳製品などがあります。食事のメニューを意識せず手軽にアルギニンを摂るには、白米を玄米に変え、大豆製品を一日一品程度は取り入れるなどを意識するのが手軽です。 牛乳や乳製品も体質的に問題がないならば取り入れやすい食材と言えます。また体全体の血流を改善するしょうがなどの薬味も合わせて摂るようにするとより万全です。

夫・彼氏の早漏対策に女性が妻・彼女ができること

夫や彼氏が早漏で、セックスが短く不満がある……と言う人は、表には出なくともそれなりに多いものです。夫や彼氏の早漏対策に協力できること……それは、優しく見守ることだけです。 もう少し詳しく説明すると、早漏とは勃起不全などと同じく心因的な問題が強く関わっている場合が多いもので、そういった早漏に対して不平不満を漏らし、相手が早漏改善を義務だと強く感じてしまうとほとんどの場合早漏改善は上手く行きません。 早漏を直して欲しいと不満を述べれば、実際に早漏が改善される見込みがなくなるというわけです。ですから、協力するつもりで長い目で見てあげることが重要です。

挿入に満足できない場合は前戯に工夫をしてもらう

とは言え、セックスの度に全くオーガズムを感じることができないと言うのでは不満も溜まります。早漏を治せと言って治せるものではありませんので、早漏の経過自体は長い目で見守るとして、前戯の時間を長く取ってもらうように提案するのはいかがでしょうか? 前戯でイカせてもらえば、その後の挿入時間が満足行くものでなくてもそれほど不満はたまらないでしょう。快感の方は前戯で充足し、密着感など愛情を感じたいと言った欲求は射精までの時間にかかわらず長く繋がっていれば満たされるものです。 とにかく、いくら自分が欲求不満であってもそれを口にすれば、欲求不満が改善する可能性を大きく狭める行為となってしまいます。相手のためにも自分のためにも、早漏への不満は心に留めなければなりません。 妻・彼女が早漏改善にしてあげられること、、 最後は早漏改善サプリをプレゼントすることかもしれません。

セックス中の早漏対策

早漏を治すためには、特に心因性の早漏の場合は、セックス中に自分の精神状況を自分で制御できるようにならなければなりません。 セックスの経験に乏しい人はもちろん、何度経験しても欲望のまま挿入しあっという間に果てるというのを繰り返してばかりいる人は一向に良くなりません。 実際のセックスを通じて早漏を治したいとするならば、パートナーの協力を取り付けた上でスローセックスを行うのが最も有効と言えます。 早漏はとにかく挿入してしまうとどうやっても持たないのですから、必然的に時間を掛けるのは前戯になります。あるいは前戯前にベタベタする時間も含めて、ゆっくりとスキンシップを図りましょう。 ペニスの状態を時々確認しながら長い時間をかけてセックスを行うことで、少しずつ自分の精神状態や、ひいてはペニス自体をコントロールできるようになっていきます。 もちろん一回や二回では改善が見られない場合も多いので、腰を据えて取り組みましょう。また前戯に時間を割けば、挿入時間が短くてもその分前戯で満足できれば女性側としても不満をためずに済むため、よりよい関係を保つためにも重要です。 あとは補助的にコックリングなどのサポート器具を使ってみたり、サプリメントなどに頼ってみるのも手です。 実際に効果が得られなくても、心の拠り所となりさえすれば改善に向かうことも多くあります。とにかく心理的な面が大きく左右する問題ですので、ストレスを溜めないように改善法を進めていくことが重要です。

-精力剤

Copyright© ペニス増大サプリの効果は?ちんこを大きくする商品を徹底調査 , 2019 AllRights Reserved.